2007年04月17日

税理士試験 簿記論 ○×問題46(貸倒実績率法)

(問題)
次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

一般債権に対する貸倒見積高の算出に用いられる貸倒実績率法の適用は、一般債権全体の貸倒実績率を求めてこれを期末債権に乗じて算出しなければならない。

(解答)
×

(解説)
同種・同類(営業債権と営業外債権の別、長期と短期等)の別に算出できます。
posted by 簿記論講師 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○×問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。